仮想歴史シミュレーション小説DataBase

著書別一覧 河丸裕次郎

戦国軍師伝 - 1〜3巻 

著者:河丸裕次郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正六年、播磨の上月城に籠もる尼子党を救うために出陣した羽柴秀吉は、急襲した毛利軍に四方を囲まれ、窮地に陥る。秀吉の二人の軍師は、落ち延びるよう説得する小寺(黒田)官兵衛に対し、竹中半兵衛は織田を裏切り、毛利へ降ることを進言した。秀吉はこれを受け入れ、官兵衛とは袂を分かつことにする。敵と味方に別れた両軍師はどう動くのか。

天下争覇 - 全3巻 《完結》

著者:河丸裕次郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
関ヶ原の戦いから一年と五ヶ月が経ち、強大な権力を手にした内大臣・徳川家康は征夷大将軍の就任を画策、豊臣の世から徳川の世への天下簒奪の野望をついに露わにした。関ヶ原では東軍として戦いながらも、家康の思惑を知り、いきり立つ福島正則、加藤清正は、家康討伐の許可を得るため、盟友加藤嘉明とともに、豊臣秀吉の正妻・高台院を訪れる。そこで高台院が授けた驚愕の作戦とは?

戦国繚乱記 - 全3巻 《完結》

著者:河丸裕次郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
明智光秀が織田信長を葬り去り、戦国の勢力図を一夜にして塗り替えた「本能寺の変」の直後、長宗我部信親率いる別働隊は堺に侵入、四国出兵を画策する織田信孝を見事討ち取った。この出来事は、天王山に布陣する羽柴秀吉の戦略を破綻させる。間隙を衝いて怒涛の追撃をかける柴田勝家の軍勢。他方、虎視耽々と計略を巡らす徳川家康。黄金色に輝く安土城を目指す心機一転の織田信雄。

新 織田戦記 - 全4巻 《完結》

著者:河丸裕次郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
信長の五男、勝長は幼年を遠山景任の養子として過ごし、六歳の時、信玄の元に送られる。人質ではあったが勝頼に猶子として育てられた勝長は、落日の武田家から十五歳となった勝長を逃がすため、勝頼は勝長を信長の元に返した。信長は帰還した勝長に犬山城を預け、さらに、東国を治めることを任じた。信長の子息で、武田の志を継承した若き勝長が天下に挑む!