仮想歴史シミュレーション小説DataBase

著書別一覧 岡田成司

飛翔 直江兼続伝 - 全1巻 《完結》

著者:岡田成司

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正三年。樋口与六(直江兼続)は、上杉景勝の母・仙桃院より「息子を謙信の後継者にして欲しい」と懇願される。与六は武田家と景勝との縁組を画策し、武田との絆を深める。真田信綱の要請により、長篠の合戦に助太刀として参加した景勝の軍勢は、兼続の機転により徳川軍の奇襲から武田軍を守り、上杉家中の評価を高めた。そして、ついに謙信が信長との対決を決意。

天正虎狼伝 - 全3巻 《完結》

著者:岡田成司

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十三年三月。島津義久は大友家を滅ぼし九州統一を完成した。しかし、天下統一をめざす秀吉の足音は刻一刻と迫ってきていた。そこで、義久は密かに徳川家康と反秀吉の盟約を結び、家康は、腹心・石川数正を埋伏として秀吉の元へ送る。島津義久は南蛮交易で手に入れた大砲で、秀吉の九州征伐軍を撃破。その勢いにのって次兄・義弘は四国へ進出、野望への第一歩を踏み出した。