仮想歴史シミュレーション小説DataBase

戦神伝説 1

上杉戦国志

戦神伝説

吉本健二

2002年11月06日
学習研究社 歴史群像新書
9784054018532
詳細
「天下布武」を志し、覇道を驀進する織田信長に対し、天正五年十月、松永久秀が叛旗を翻す。しかし当初の思惑が外れ、久秀は信貴山城に孤立してしまう。押し寄せる織田軍を目の当たりにして、自害を覚悟した久秀。そんな久秀のもとへ来るはずがないと思っていた「毘沙門天の化身」上杉謙信が現れる!ここに軍神対魔王の、血で血を洗う大決戦の火蓋が切って落とされた!

戦神伝説 3 - 上杉戦国志

著者:吉本健二

発刊:2003年06月
出版:学習研究社 歴史群像新書
朝廷より副将軍に任命され、事実上の天下人と目されていた謙信だが、おのれの地盤である春日山城で叛乱が起きる。叛乱の首謀者は、なんと謙信の実姉・仙桃院であった。謙信は京の勢力に気取られぬよう、故郷へと進発した。強敵・信長を打ち倒し、姉との確執を乗り越えようとする上杉謙信。だが、その行く手には意外な結末が待ち受けていた。

戦神伝説 2 - 上杉戦国志

著者:吉本健二

発刊:2003年03月
出版:学習研究社 歴史群像新書
天正6年3月、安土城を陥落させた上杉謙信であったが、突如織田信長の大船団が姿を現し、全面を鉄板で覆われた大安宅船は、雑賀水軍の砲撃を物ともせず、瞬く間にこれを粉砕する。織田水軍は堺湊に盤踞し、信長の座す大鉄船は、さながら海に浮かぶ魔城と化した!京の諸勢力はいまだ向背定かならず、実姉からも命を狙われ続ける上杉謙信。果たして、この苦境をどう切り抜けるのか。