仮想歴史シミュレーション小説DataBase

織豊禅譲誌

西軍の黒幕

織豊禅譲誌

宇佐美浩然

2006年05月09日
学習研究社 歴史群像新書
9784054028326
詳細
慶長五年七月二十五日、家康は、上杉征討軍を白河口から侵攻させた。秀忠は、直江兼続の計略に嵌り、敗北する。多大な犠牲を払いながらも、奥州街道、東海道を大返しした徳川軍は、西軍と三方ヶ原の地で激突し、これに勝利する。そして、追撃してくる西軍を、関ヶ原で迎え打つべく、笹尾山に本陣をおく。この関ヶ原決戦を前に、黒田如水が策動する。果たして、西軍の黒幕とは!?