仮想歴史シミュレーション小説DataBase

戦国雄覇 2

覇者の血脈

戦国雄覇

吉本健二

2009年02月27日
学習研究社 歴史群像新書
9784054040618
詳細
織田信忠が復活し、羽柴秀吉を賎ヶ岳で打ち破った。秀吉と同盟を結び、尾張に侵攻した徳川家康を、騎虎の勢いで降す信忠であるが、秀吉の思わぬ行動に愕然とする。信忠の嫡子・三法師を織田家の宗主とすることを画策したのだ。秀吉の狡猾な根回しにより、信忠は、家康ばかりか、上杉・北条らからも包囲される。はたして、真の戦国覇王になるべく、信忠は窮地を脱することができるのか。

戦国雄覇 1 - 賤ケ岳に吼ゆ!

著者:吉本健二

発刊:2008年10月
出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十一年、近江賤ヶ岳では柴田勝家軍を追い詰めた羽柴秀吉が、勝利の雄叫びをあげようとしていた。しかし、戦いが最終局面に入ろうとしたとき、思わぬ事態が勃発する。前田勢が兵を退かぬばかりか、戦陣の最前線に、「織田家正統後継者」を名乗る武将が現れたのだ。その武将は、南蛮兜をかぶり、緋色のマントをまとっていた。果たして、賎ヶ岳に現れた謎の武将の正体は?