仮想歴史シミュレーション小説DataBase

天下争覇 3

天下を掴み取れ!!

天下争覇

河丸裕次郎

2009年07月31日
学習研究社 歴史群像新書
9784054042599
詳細
豊臣、徳川両軍は、美濃、大谷川で激突。一進一退の攻防の末、福島正則、加藤清正ら七本槍のふんばりと、真田幸村ら諸将の活躍で、なんとか戦いに勝利した豊臣軍だったが、追い詰めた家康をあと一歩のところで逃してしまう。家康が東国の軍勢と合流する前に決着をつけたい豊臣軍。一方、秀忠の軍勢とともに、豊臣軍を迎え撃つ徳川軍。天下を決する最後の大合戦が今、幕を開けようとしていた。

天下争覇 2 - 徳川家康に完勝せよ!!

著者:河丸裕次郎

発刊:2009年04月
出版:学習研究社 歴史群像新書
豊臣秀頼の元に集った福島正則、加藤清正ら賎ヶ岳の七本槍は秀吉の正妻・高台院の画策により、家康の征夷大将軍就任の勅書を奪い取ることに成功、その後の徳川軍の進撃を洞ヶ峠で食い止め、伏見城を落とす。一方、家康は、江戸城には関東全域から七万もの軍勢を集結させた。そんな折、七本槍が大坂城から追放されてしまう。天下をめぐる再激突を目前にして、豊臣軍は如何に戦うのか?

天下争覇 1 - 征夷大将軍になれ!!

著者:河丸裕次郎

発刊:2008年11月
出版:学習研究社 歴史群像新書
関ヶ原の戦いから一年と五ヶ月が経ち、強大な権力を手にした内大臣・徳川家康は征夷大将軍の就任を画策、豊臣の世から徳川の世への天下簒奪の野望をついに露わにした。関ヶ原では東軍として戦いながらも、家康の思惑を知り、いきり立つ福島正則、加藤清正は、家康討伐の許可を得るため、盟友加藤嘉明とともに、豊臣秀吉の正妻・高台院を訪れる。そこで高台院が授けた驚愕の作戦とは?