仮想歴史シミュレーション小説DataBase

直江異戦記 2

起死回生の川中島!

直江異戦記

久住隈苅

2009年08月28日
学習研究社 歴史群像新書
9784054042834
詳細
当主・上杉景虎、家宰・直江兼続、一門衆筆頭・上杉景勝。謙信の死後も内紛もなく結束した上杉家。北条・武田との三道並進による織田征伐は、いよいよ本格化。弱体化した武田、裏がある北条家、織田討伐の正否は上杉家にかかっていた。若き家宰・直江兼続は上杉家のために心の主・上杉景勝とともに織田家最強の明智・羽柴両軍と対決!兼続は信長を倒せるのか!?

直江異戦記 1 - 上杉・武田・北条三国同盟

著者:久住隈苅

発刊:2009年05月
出版:学習研究社 歴史群像新書
天正六年。上杉謙信は次代当主を景虎と定め、同時に上杉・武田・北条の同盟が成立。武田・北条と同時に西進し、織田討伐へと向かうことが決まった。直江家を継いだ樋口兼続は幼少の頃よりの主・景勝と新たなる主・景虎との間で葛藤しつつも、織田討伐への策を巡らす。しかし、謙信が突如倒れ意識不明に陥る。混乱する上杉軍に織田軍の反攻が始まる。危地に立たされた上杉軍を兼続は救えるのか。