仮想歴史シミュレーション小説DataBase

真伝 大坂の陣 2

真田幸村の覚悟

真伝 大坂の陣

伊藤浩士

2010年07月30日
学習研究社 歴史群像新書
9784054046436
詳細
大坂方を把握した真田幸村ら牢人衆は、攻め寄せる徳川軍相手に有利に戦を進めていた。しかし、淀殿が家康と和睦し、大坂城は堀を埋められ危地に陥る。しかし、そこまでも読み切っていた幸村は勇躍、大坂城から出陣。ついに起死回生の大仕掛けを策動させた!

真伝 大坂の陣 1 - 九度山の密命

著者:伊藤浩士

発刊:2010年04月
出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長十九年。豊臣と徳川がついに決裂。しかし、父・昌幸の遺命のもと、真田幸村は後藤又兵衛ら各地の牢人たちと繋ぎをつけており、徳川との戦の準備はすでに整っていた。さらに幸村は、豊臣必勝のための、空前絶後の大仕掛けを密かに準備していた。