仮想歴史シミュレーション小説DataBase

主要武将別一覧 上杉謙信

異 上杉軍記 - 全3巻 《完結》

著者:工藤章興

出版:学習研究社 歴史群像新書
永禄八年五月、将軍・足利義輝暗殺。すべてをなげうって将軍家を援ける、と確約していた“越後の龍”上杉輝虎(のちの謙信)。将軍暗殺から二年余、度重なる義秋からの要請に応じ、永禄十年九月、毘沙門天の化身となった輝虎は、越後の精兵二万を率いてついに出陣。だが、その先に待ち受けていたのは信玄の策謀と“天下布武”を目指す信長の台頭だった。

戦神伝説 - 全3巻 《完結》

著者:吉本健二

出版:学習研究社 歴史群像新書
「天下布武」を志し、覇道を驀進する織田信長に対し、天正五年十月、松永久秀が叛旗を翻す。しかし当初の思惑が外れ、久秀は信貴山城に孤立してしまう。押し寄せる織田軍を目の当たりにして、自害を覚悟した久秀。そんな久秀のもとへ来るはずがないと思っていた「毘沙門天の化身」上杉謙信が現れる!ここに軍神対魔王の、血で血を洗う大決戦の火蓋が切って落とされた!

上杉軍神伝 - 1〜3巻 

著者:福田誠

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正五年九月、手取川の夜戦にて織田勢を完膚なきまでに討ち果たした上杉謙信は、七尾城に兵を返した。その謙信のもとに、京都から松永久秀が大和で挙兵したという報せが届く。これを知った謙信の目が、憤怒の炎に燃えた。信長が謙信を軽んじ、久秀を討伐すべく兵を北国から引き揚げたことを悟ったのだ。織田勢の追撃を決意した謙信の、怒濤の上洛戦がいま始まる。