仮想歴史シミュレーション小説DataBase

主要武将別一覧 伊達政宗

時空独眼竜戦記 - 1巻 

著者:仲路さとる

出版:学習研究社 歴史群像新書
豊臣秀吉の大軍が北条氏の小田原城を包囲し、伊達政宗は秀吉に恭順を誓うべく小田原に向かっていた。その途上、怪しげな人物を見つける。現代から戦国時代へとタイムスリップした2人の機動隊隊員であった。現代兵器に驚愕した政宗は、それらを使って、小田原城を囲む豊臣の大軍勢を蹴散らす方策を思いつく。秀吉を倒すべく、北条氏直と手を結び、大博打へと打って出る伊達政宗。

天正戦国大戦 - 1〜2巻 

著者:河原谷創次郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正18年。豊臣秀吉は小田原征伐後、奥州仕置のために陸奥に大軍を向ける。東北の雄・伊達政宗は、小山田川で蒲生氏郷を討ち、秀吉との訣別を宣言し東北を平定する。そして、徳川と密約を交わし、上杉家を説得し、北条氏直により復興した北条家もあわせた東国四大名の同盟を成立させる。東西にわかれた天下の大乱が今始まる!!

慶長戦国志 - 全3巻 《完結》

著者:吉本健二

出版:学習研究社 歴史群像新書
関ヶ原合戦後、「百万石のお墨付き」を徳川家康から反故にされた、奥州の雄・伊達政宗は、徳川秀忠と会見するため、江戸城へ昇った。その途上、徳川方と見られる忍び衆に暗殺されかける政宗。ここに至って、徳川からの離叛を決意した政宗は、関東を乗っ取り、大八洲に覇を唱える大博打に打って出た。家康から大幅な減封を受けた上杉家も、政宗に呼応する。諸大名は政宗の離叛にどう動くか?

野望 - 全2巻 《完結》

著者:子竜蛍

出版:学習研究社 歴史群像新書
奇しき縁に導かれ浪速に集う武将たち…大坂の陣勃発。政宗起ちて、家康焦燥す。
奥州王・伊達政宗が、天下掌握に乗り出した。ルソン、シャム、スペインをも巻き込んで、打倒徳川、豊臣に、智謀のかぎりを尽くす!

秘 独眼龍軍記 - 全4巻 《完結》

著者:工藤章興

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長9年冬、異相の男が伊達家の江戸上屋敷を訪れた。その男大久保長安は、政宗の娘婿となる主君・松平忠輝の出生の秘密を明かし、漂泊の民・ワタリと吉利支丹の100万人が忠輝の味方になる、と謎めいた話をもちかける。関ヶ原合戦から4年、天下の覇権奪取を決断した政宗は影の部隊・黒脛巾組に長安の真意と幕府の弱点を探らせる。

覇王 独眼龍政宗 - 全3巻 《完結》

著者:沢田黒蔵

出版:学習研究社 歴史群像新書
織田信長亡き後、豊臣秀吉は、山崎・賎ヶ岳の合戦で信長恩顧の宿将たちを討ち破り、小牧・長久手の合戦で徳川家康に戦略的勝利を収め、破竹の勢いをもって天下統一に向けて地歩を固める。そして、秀吉は、関東の雄・北条の小田原攻めを思案していた。一方、北辺で合戦に明け暮れる、若き「奥州の覇者」伊達政宗のもとへ軍略に長けた謎の連歌師が訪れ、とてつもない回天の一計を政宗に授ける。

翔竜 政宗戦記 - 全6巻 《完結》

著者:坂上天陽

出版:学習研究社 歴史群像新書
英雄いまだ遅からじ!天正13年、戦国の世は羽柴秀吉のもとに終息するかと思えたとき、奥羽の地から一匹の竜が飛翔しようとしていた。独眼竜、伊達政宗である。家督を継いで一年後、畠山義継の凶行により父を喪う。復讐を誓い、兵を挙げた人取橋の合戦が、政宗の未来を変える。股肱の臣・片倉景綱とともに目指すは、天下への足掛かりである奥州の統一。伊達政宗、覇道の軌跡!

戦国覇王伝 - 全10巻 《完結》

著者:中里融司

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長五年、大八洲を二分する大戦が、関ケ原の地で行われようとしていた。奥州藤原氏の後裔を自認する伊達政宗は、いよいよ、天下を賭けて策動を開始し、関東の覇者・徳川家康のまえにたちはだかる。終息に向かいつつあった戦国の世が再び息を吹き返した!