仮想歴史シミュレーション小説DataBase

主要武将別一覧 竹中半兵衛

深龍軍師伝 - 全1巻 《完結》

著者:竹中亮

出版:学習研究社 歴史群像新書
ぶらりと信州の地に現れた竹中半兵衛は、上杉の知将宇佐美定満と出会い、奇策をもって野尻城奪還を成し遂げる。その後、春日山城から武田軍を撃退した半兵衛は、関東から戻ってきた謙信に請われ、上杉軍の軍師となる。渡辺右京ら竹中衆と共に、百計を開いていく半兵衛の真の目的とはいったい何なのか!?そして、ついに川中島において、上杉輝虎と武田信玄が最後の死闘を開始する。

大戦国志 - 全1巻 《完結》

著者:永松久義

出版:学習研究社 歴史群像新書
弘治二年、「美濃の蝮」と恐れられた戦国の梟雄・斎藤道三は、嫡男・義龍によってまさに討たれようとしていた。死を前にして道三は三人の若者に未来を託し、遺書とも呼べる三通の書状を送る。明智光秀と竹中半兵衛、そして「大うつけ」と呼ばれた織田信長。道三亡き後今川義元の大上洛が始まった。圧倒的不利にもかかわらず、義元を攻める決断を織田信長だが、信長の考えは義元に読まれていた。

戦国龍虎伝 - 全3巻 《完結》

著者:中里融司

出版:学習研究社 歴史群像新書
太閤秀吉の死後、徳川家康は調略をめぐらし、己の野望を着々と実現へ近づけていった。そして、五大老筆頭となった家康は、いよいよ政権を握るべく対抗勢力の一掃に乗り出す。その筆頭である石田三成は、密かにある人物と連絡を取り、対家康の作戦を練り上げていた。天下分け目の関ヶ原の戦いを、家康が制するかと思えたとき、その男が動いた!大八洲は前代未聞の時代を迎えることになる。