仮想歴史シミュレーション小説DataBase

主要武将別一覧 黒田官兵衛

覇 関ケ原大戦記 - 全3巻 《完結》

著者:青木基行

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長5年、徳川家康の政治壟断に異を唱え、石田三成は反家康勢力を糾合し、挙兵する。家康は会津討伐の兵を引き揚げ、西方へと軍を向けた。この一大決戦の勃発を、じっと待っていた男がいた。かつて秀吉にその軍才を称賛され、またその軍才ゆえに遠ざけられた、官兵衛こと黒田如水である。如水は私財を投じ兵を集め、上方へのぼり、人生最大の大博打に打って出る。

戦国軍神伝 - 全4巻 《完結》

著者:神宮寺元

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十年六月。本能寺の織田信長を襲う直前、明智光秀はその策謀が漏洩していることを知り信長襲撃を取りやめた。明智軍のこの行動が収束に向かいつつあった戦国の天下に波紋を起こす。密かに己が天下を狙う羽柴秀吉、軍師・黒田官兵衛、毛利家を死守せんとする小早川隆景らの思惑が絡み、大いなる謀計が蠢きはじめる。天下獲りの戦いは混沌の渦中へと向かう!