仮想歴史シミュレーション小説DataBase

主要武将別一覧 島津義久/義弘

天正虎狼伝 - 全3巻 《完結》

著者:岡田成司

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十三年三月。島津義久は大友家を滅ぼし九州統一を完成した。しかし、天下統一をめざす秀吉の足音は刻一刻と迫ってきていた。そこで、義久は密かに徳川家康と反秀吉の盟約を結び、家康は、腹心・石川数正を埋伏として秀吉の元へ送る。島津義久は南蛮交易で手に入れた大砲で、秀吉の九州征伐軍を撃破。その勢いにのって次兄・義弘は四国へ進出、野望への第一歩を踏み出した。

戦国維新 - 全3巻 《完結》

著者:荒川佳夫

出版:学習研究社 歴史群像新書
丸に十字の旗幟掲げ、精強無比の薩摩隼人が征く!九州南端に位置する島津家は、当主となった義久を中心に兄弟の結束も堅く、九州制覇の大望を胸に戦いをくりひろげていた島津軍は九州に残る最大勢力、大友氏を滅亡寸前にまで追いこんでいた。だが悲願成就も目前の天正一四年、大友氏最後の堅塞・岩屋城を落とした島津軍の前に、羽柴秀吉が差しむけた未曽有の大遠征軍が現れた。