仮想歴史シミュレーション小説DataBase

描画時期別一覧 「桶狭間の戦い」前後

信長東征伝 - 全3巻 《完結》

著者:尾山晴紀

出版:学習研究社 歴史群像新書
永禄三年。織田信長は桶狭間の合戦に、今川義元、松平元康を倒して勝利する。信長は東へと兵を進めるが、そこに甲斐の虎、武田信玄が立ちはだかり、さらに美濃の斎藤義龍が信長のいない尾張を狙っていた。前後を敵に挟まれ窮地に陥った信長のもとに、十三代将軍・足利義輝の命を持った上杉の使者がやって来た。上杉、北条、そして足利幕府も暗躍する戦国乱世を信長は勝ち抜けるのか!?

大戦国志 - 全1巻 《完結》

著者:永松久義

出版:学習研究社 歴史群像新書
弘治二年、「美濃の蝮」と恐れられた戦国の梟雄・斎藤道三は、嫡男・義龍によってまさに討たれようとしていた。死を前にして道三は三人の若者に未来を託し、遺書とも呼べる三通の書状を送る。明智光秀と竹中半兵衛、そして「大うつけ」と呼ばれた織田信長。道三亡き後今川義元の大上洛が始まった。圧倒的不利にもかかわらず、義元を攻める決断を織田信長だが、信長の考えは義元に読まれていた。

信長王記 - 全3巻 《完結》

著者:仲路さとる

出版:学習研究社 歴史群像新書
桶狭間の戦いで、織田信長は、松平元康(徳川家康)の奮戦により敗戦の憂き目に遭う。信長に仕え始めた木下秀吉は、斎藤義龍の加勢を取り付け、清洲城の奪回を試みる。この機を見て、若き軍師・竹中半兵衛は、義龍に離叛すべく蠢動を始める。一方、甲斐の虎・武田信玄は、今川領への侵攻を開始した。そして、今川から独立し、天下人への道を志すのちの家康。

桶狭間に死す - 全1巻 《完結》

著者:坂上天陽

出版:学習研究社 歴史群像新書
今川義元を討った信長に迫る軍師・太原雪斎の秘策。主君の為に身を賭す木下藤吉郎、己の望みのために攻める松平元康。果たして信長は、この死地から生還することができるのか!?新たな視点で描く、異説桶狭間合戦記。

覇道 武田戦記 - 全3巻 《完結》

著者:神尾秀

出版:学習研究社 歴史群像新書
永禄三年(一五六〇)、信玄が動いた!駿河に追放した実父・信虎を唆し、今川義元を殺害、三万三千の軍を京に向けたのだ!これを阻む信長の兵力は三千。無敵・甲州軍団を敗退させるべく、信長のとった秘策とは!?他方、川中島に謙信が侵攻。これへ兵を向けた信玄は、家康の参戦を巧みに利用した、一世一代の妙策を披露する。桶狭間と川中島―信玄の天下を賭けた地に、新たな衝撃が走った。