仮想歴史シミュレーション小説DataBase

描画時期別一覧 「本能寺の変」前後

明智軍戦記 - 1巻 

著者:神宮寺元

出版:学習研究社 歴史群像新書
本能寺の変後、軍神と化した明智光秀は、山崎で羽柴勢の大軍を迎え撃った。光秀が繰り出す戦略に応え、明智四天王が活き活きと躍動する。光秀の抱く大儀とは果たして何か? そして、圧倒的に有利と思われた羽柴秀吉を追い詰めた光秀の軍略とは如何に!?

織田戦国志 - 全2巻 《完結》

著者:尾山晴紀

出版:学習研究社 歴史群像新書
本能寺の変で織田信長、信忠、そして三法師が死亡。この報せを聞いた羽柴秀吉は、自らの手で光秀を倒し、さらに信長の次男・信雄をかつぎ出し織田家を乗っ取り、天下をわがものにしようと画策する。誰もが秀吉になびくなか、信長の三男・信孝は「危難のときは信澄を頼れ」との信長の言葉に従い、津田信澄とともに織田の天下を秀吉の手に渡さぬ為に立ち上がる。

秀吉覇戦記 - 全2巻 《完結》

著者:吉本健二

出版:学習研究社 歴史群像新書
本能寺の変の報を受けて、中国大返しを敢行した羽柴秀吉は、主君・織田信長の仇を討つべく、山崎の地に布陣した。しかし、秀吉の前の現れた人物は、なんと暗殺されたはずの信長であった。そのうえ信長は、秀吉を本能寺の変の首謀者と断定して成敗しようと刃を向けた。果たして、信長暗殺は本当に秀吉が仕掛けたのか!?絶体絶命の窮地から、秀吉の本当の下剋上が始まった。

戦国繚乱記 - 全3巻 《完結》

著者:河丸裕次郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
明智光秀が織田信長を葬り去り、戦国の勢力図を一夜にして塗り替えた「本能寺の変」の直後、長宗我部信親率いる別働隊は堺に侵入、四国出兵を画策する織田信孝を見事討ち取った。この出来事は、天王山に布陣する羽柴秀吉の戦略を破綻させる。間隙を衝いて怒涛の追撃をかける柴田勝家の軍勢。他方、虎視耽々と計略を巡らす徳川家康。黄金色に輝く安土城を目指す心機一転の織田信雄。

新 織田戦記 - 全4巻 《完結》

著者:河丸裕次郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
信長の五男、勝長は幼年を遠山景任の養子として過ごし、六歳の時、信玄の元に送られる。人質ではあったが勝頼に猶子として育てられた勝長は、落日の武田家から十五歳となった勝長を逃がすため、勝頼は勝長を信長の元に返した。信長は帰還した勝長に犬山城を預け、さらに、東国を治めることを任じた。信長の子息で、武田の志を継承した若き勝長が天下に挑む!

戦国の勇者 - 1〜14巻 

著者:津野田幸作

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十年三月、武田家を滅ぼし、天下をほぼ手中に納めた織田信長に対し、勇将・真田安房守昌幸は、二男幸村と共に、三河で信長を暗殺するという恐るべき鬼謀を実行に移す。昌幸によって、暗殺の首謀者に仕立て上げられた徳川家康は、未曾有の窮地に陥る。一方、秀吉は、家康を討つべく中国から大返しを敢行した。その混乱に乗じて、昌幸は信濃・甲斐を切り取るべく怒涛の進軍を開始する!

天上の覇者 - 全3巻 《完結》

著者:神尾秀

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十年、着々と進む織田信長の「天下布武」。いよいよその手は、安土遷都実現へと伸びていく。それに反対する明智光秀と朝廷は、毛利討伐中の羽柴秀吉の策謀に乗り、信長弑逆に満を持すが、直前の裏切りにより、未遂に終わる。秀吉、光秀、家康の三人は、それぞれの思惑を胸に、再度、反信長包囲網を形成。安土遷都を渋々承諾した正親町天皇の出雲行幸に隠された、彼らの驚天動地の策とは。

新 戦国志 - 全3巻 《完結》

著者:仲路さとる

出版:学習研究社 歴史群像新書
本能寺の変で明智光秀を返り討ちにした織田信長は、嫡男・信忠を失ったものの、破竹の勢いで全国制覇を成し遂げる。天正15年(1587)、世界制覇を目論み、信長は羽柴秀吉を総大将とした朝鮮遠征軍を派遣した。そしてみずからも鉄甲船に乗り、釜山を目指す。そこへ、日本国内で家康が謀反を起こしたとの報が入り、信長はすぐに兵を返した。果たして家康は、天下を簒奪できるのか!?

異説 太閤記 - 全3巻 《完結》

著者:久住隈苅

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十年、京、本能寺にて信長が横死!毛利との和睦交渉に手こずった秀吉は、後れをとって、美濃、近江と家康に敗れ、いつの日かの再起を誓って徳川に降伏する。しかし黒田官兵衛より、奥羽征伐後の徳川の標的がいよいよ羽柴に決まったとの報せを受け、秀吉は来るべき時が来たことを知る。本能寺から3年、遂に反徳川の烽火をあげる。徳川660万石に、播磨36万石の秀吉が挑む!

天正三国志 - 全3巻 《完結》

著者:安芸一穂

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正二十年(グレゴリオ暦一五九〇)に至るも世は定まらず、西に秀吉、中を利家、東に家康―三すくみの様相を呈していた。内に秘めたるは、志なかばで乱世を駆けぬけた織田信長の「正統」を継ぐ者はいずれか!!…なのだ。世に埋もれし道々の民の声を聞き、世を束ねるのはいずれか!?表裏不二の乱世の覇権はいまだ流転を続ける…。

新 天下布武 - 全4巻 《完結》

著者:坂上天陽

出版:学習研究社 歴史群像新書
「何ごとも起こらぬではないか」―天正10年6月2日本能寺にいた織田信長は、そのまま備中高松城へ向かい、羽柴軍を督戦した。突如、秀吉に毛利戦線からの更迭を申し渡す信長。秀吉は謀叛を決意し、信長の宿泊先・神宮寺を襲撃する。一方、信長に命じられた四国討伐を実行すべく出征中の明智光秀は、阿波勝瑞城で秀吉謀叛の報を受ける。天下を揺るがすこの変事に、光秀は大返しを決意する。

天下大乱 - 全4巻 《完結》

著者:津野田幸作

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十年一月、ほぼ天下を手中にした織田信長は、織田家単独による独裁政権を築くべく、恐るべき計略を巡らせていた。これにいち早く気づいた羽柴秀吉は、自らの生き残りを懸けて一世一代の大勝負に打って出る。一方、信長の変心を悟った徳川家康は、明智光秀を唆し、深淵なる謀計を巡らせる。ただ一人の天下人となるために、信長、秀吉、家康の三つ巴の血戦の火蓋が切って落とされる。

信長海王伝 - 全3巻 《完結》

著者:秋月達郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十年、明智光秀謀叛!本能寺の変に襲われた信長だったが、明智軍内にいた石川五右衛門によって危機を脱出。だが、畿内では「信長死す」の報が流れ、秀吉をはじめ諸将はこぞって策謀をめぐらし、信雄ら息子達までもが信長亡き後の天下を狙う!四面楚歌になった信長は、五右衛門らと共に日本を脱出。やがて、海の覇王となった信長は鉄甲船による大船団を連ね、亜細亜の海を席巻する。

戦国疾風録 - 全1巻 《完結》

著者:石飛卓美

出版:学習研究社 歴史群像新書
天下人・織田信長が、本能寺にて家臣の明智光秀に討たれた裏には、西国に覇を唱える毛利一族の陰謀が蠢いていた。毛利輝元は、秀吉よりも早く信長横死の報を得て、叔父の吉川元春、小早川隆景らと計り、天下へと打って出る。光秀と同盟を結び、中国大返しを敢行した秀吉を追いかける毛利一族。山崎の地において、毛利の天下を賭けた戦いの火蓋が切って落とされた。

戦国軍神伝 - 全4巻 《完結》

著者:神宮寺元

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十年六月。本能寺の織田信長を襲う直前、明智光秀はその策謀が漏洩していることを知り信長襲撃を取りやめた。明智軍のこの行動が収束に向かいつつあった戦国の天下に波紋を起こす。密かに己が天下を狙う羽柴秀吉、軍師・黒田官兵衛、毛利家を死守せんとする小早川隆景らの思惑が絡み、大いなる謀計が蠢きはじめる。天下獲りの戦いは混沌の渦中へと向かう!   

信長帝王伝 - 全2巻 《完結》

著者:桐野作人

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十年六月一日夜、京都・四条坊門西洞院の本能寺―。織田信長は一人の客を密かに引見するや、脱兎の如く本能寺を飛び出して瀬田の唐橋を渡った。翌朝、惟任光秀の大軍が本能寺を囲んだが、すでにもぬけの殻だった。「天下悪逆の織田父子を討ち果たせい」肩透かしを食った光秀は旗幟を安土に向けた。安土に帰った信長は逆臣光秀を討てるのか―。本格歴史シミュレーション。

戦国群雄伝 - 全6巻 《完結》

著者:神宮寺元

出版:学習研究社 歴史群像新書
すべては、本能寺の誤算から始まった。完璧なはずだった明智光秀の謀略は、織田の嫡男信忠の存命によって脆くも崩れさる。しかし、光秀は再び織田家を滅ぼすべく、新たな策謀のもとに血戦を挑んだ。鍵を握るのは京極高次である。秀吉、家康はここぞとばかりに、天下奪取への道をひた走る。北条、上杉も不気味に蠢動する。残された織田三兄弟の確執が、再び大乱の世を呼び起こした。

反・太閤記 - 全6巻 《完結》

著者:桐野作人

出版:学習研究社 歴史群像新書
秀吉の中国大返しに、2日間の遅れが生じた。このわずかな空白が、畿内の日和見武将たちを光秀のもとに走らせた。さらに、大坂を制した津田信澄を味方とした光秀は、尼崎城まで進出してきた秀吉と、雌雄を決するべく進軍を開始。ここに、光秀対秀吉の一大決戦の火蓋が切って落とされた。果たして、着実に畿内に地歩を固めつつある光秀は、亡き信長に代って天下に号令をかけることができるのか。

異 戦国志 - 全13巻 《完結》

著者:仲路さとる

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十年六月二日、本能寺の変の最中、絶対絶命の信長は脱出に成功する。天王山にて光秀を討った秀吉の前に、颯爽と現れる信長。ここから人々の運命が狂いはじめる。謀叛に走る秀吉、徳川を相手に真田の奮戦が冴え、天下取りに向けた新たな戦いの幕が開く。