仮想歴史シミュレーション小説DataBase

描画時期別一覧 「秀吉天下統一」の後

戦国武勇伝 - 全3巻 《完結》

著者:百目鬼涼一郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
文禄2年、周囲の反対を押し切り釜山入りしていた太閤秀吉が暗殺される!動揺の走る豊臣軍陣中で、家臣団は豊臣派と家康派に分裂する。背後に見え隠れする黒田如水の影。そのころ日本ではすでに、家康が天下盗りの策を巡らせ、伊達を取り込み大坂城を奪らんと動き出していた!!豊臣派は、立花宗茂・島左近・明石全登の3将を先駆けとし、大坂を守る前田利家との合流を試みる!

燎原の覇者 - 全3巻 《完結》

著者:尾山晴紀

出版:学習研究社 歴史群像新書
最初の唐入りが失敗に終わった文禄2年(1593)、再度の征明を宣言した太閤秀吉により、徳川家康は先手大将を命じられた。だがその恩賞は、現在の所領に代わり、朝鮮3ヶ国を与えるという。渡海を諫めた家康に対する意趣返しと、大封徳川を疲弊させんとする意図に警戒を抱く諸大名たち。青ざめながらも平伏する家康。だがこの徳川先手こそが、周到に仕組まれた天下転覆の第一歩であった!