仮想歴史シミュレーション小説DataBase

描画時期別一覧 「関ヶ原の合戦」前後

異説桃山戦記 - 三成死すべし - 1〜2巻 

著者:尾山晴紀

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長三年。豊臣秀吉の遺言の名のもと、石田三成は徳川家康を謀殺し、強大な権力を手に入れた。それから十年。三成の暴政を終わらせるため、ついに豊臣秀頼が起ち上がった。真田幸村、黒田如水、福島正則らとともに、秀頼は独裁者・三成を倒せるのか!?

関ケ原群雄伝 - 1~3巻 

著者:智本光隆

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長五年、徳川家康は秀頼の名の下に上杉討伐を命令。これに憤る大谷吉勝は、独断で蟄居中の三成のもとを訪ね、家康を討つための三段構えの策を聞く。しかし一抹の不安を抱いた吉勝は、その足で信濃・上田へと向かった。稀代の謀略家・真田昌幸に策の成功を聞きに行くためであった。大谷吉勝、真田幸村、宇喜多秀家ら、太閤・秀吉の息子たちが、家康の野心から豊臣家を護るために結束する!

大谷刑部戦記 - 1~4巻 

著者:竹中亮

出版:学習研究社 歴史群像新書
天下分け目の関ヶ原で、天命を受け、大谷吉継が関ヶ原で不死鳥の如く蘇る。天下分け目の関ヶ原で、吉継の知謀が冴え徳川家康を追い詰める。吉継と共鳴した上杉の知将、直江兼続が江戸に未曾有の軍略を仕掛けた。震撼する家康を余所に、無法者の伊達政宗が不気味な蠢動を始める。関ヶ原の戦を逆転すべく、天才軍師大谷吉継が仕掛けた未曾有の百計がいま花開く!

兼続大戦記 - 全1巻 《完結》

著者:工藤章興

出版:学習研究社 歴史群像新書
関が原に敗れた石田三成の無念を抱き、はるばる出羽まで下ってきた左近は、三成の再挙の意思を伝え、上杉家の戦闘継続と徳川家康の誅伐を懇請した。刎頸の友・三成との盟約を守ろうとする兼続は景勝を説き伏せる。景勝・兼続主従は、最上領での戦闘を継続、さらに関東へ侵攻する。武門の誇りを保ち、「義」に生きる漢たちの壮烈な戦いが始まる。

戦国の荒鷲 - 島左近戦記 - 全2巻 《完結》

著者:神宮寺元

出版:学習研究社 歴史群像新書
筒井順慶亡き後、筒井家は跡目を巡って内粉が起こる。猛将・島左近は、筒井家の窮地を救うべく、己の忠義をかけて奔走する。その働きを、豊臣秀吉に見込まれ左近は秀長の跡を継ぎ、大和一国を領する大名となった。秀吉の死後、左近は豊臣家を守るために、徳川家康と死闘を繰り広げる。石田三成、直江兼続との強い友情に支えられ、関ヶ原の戦で左近が打ち出した徳川潰滅の秘策とは!?

神変 関ケ原 - 全3巻 《完結》

著者:伊藤浩士

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長3年。豊臣秀頼がわずか5歳で急死。加藤清正、宇喜多秀家など、大老、奉行らはそれぞれの跡目候補者を推挙し、跡目争いは混迷する。そのなかで跡継ぎに決まったのは、意外にも北の政所の甥である若狭6万5千石の小大名・木下勝俊だった。若き聡明な勝俊が、真田信繁らとともに、徳川の天下簒奪から豊臣家を守るために立ち上がる。ここに天下を二分する戦いが始まった!!

相克 真田戦記 - 全2巻 《完結》

著者:久住隈苅

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長五年。上田城を徳川秀忠軍に囲まれた真田昌幸は、開城交渉の相手である、息子・信之と対面していた。信之は無用な乱世を避けるべく、自らの手で父を殺す。そして、家康の意図を正確に推し量り、関ヶ原合戦で秀忠の武勲を陰ながら支え、徳川の中枢に入り込む。一方、父の仇を、そして父の野望を果たすために、豊臣についた次男・幸村。天下を決す兄弟の死闘が、いまここに始まった。

幸村大戦記 - 全3巻 《完結》

著者:神宮寺元

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長五年九月十三日、真田幸村は関ヶ原の地にいた。徳川秀忠が、上田城を攻めることなく中山道を驀進するより前に、天下分け目の決戦に参陣したのだ。秀忠軍が無事関ヶ原に着陣したことによって、石田三成が指揮を執る西軍は不利な状況に追い込まれる。大谷吉継の陣に身を寄せた幸村は、勇将立花宗茂と共に次々と新たな戦略を生み出して東軍を翻弄する。

戦国争覇伝 - 全3巻 《完結》

著者:久住隈苅

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長3年、唐入りができない無念を抱きながら豊臣秀吉が崩御した。そして、10年の月日をかけて、唐入りを阻止し豊臣家を孤立させ、自らの野望のために暗躍し続けた徳川家康が、ついに律儀者の仮面を脱ぎ捨てて動き出す!豊臣の天下を守りたい前田利家、豊臣家安泰の為に暗躍する大谷吉継、自らの野望を成し遂げんとする大名たち。短い平和が終わり再び天下は乱世に突入した。

新上杉戦記 - 全3巻 《完結》

著者:中村朋臣

出版:学習研究社 歴史群像新書
秀吉亡き後、天下人の座を虎視眈々と狙う家康は、豊臣家を守る石田三成と反目する福島正則・加藤清正ら豊臣方の武将を味方につけ、三成を佐和山に蟄居させる。一方、三成と島左近は上杉景勝の忠臣・直江兼続と協議し、義に殉ずる景勝の意志により、上杉軍と徳川軍の対決は避けられないものと確信する。そして三成も時期を見て挙兵することを約す。

群雄戦国志 - 全4巻 《完結》

著者:尾山晴紀

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長五年七月。会津征伐に向かった徳川家康を討つため、三成は挙兵を決意。計画を打ち明けられた吉継は、命を賭けてこの挙兵を思いとどまらせ、周到な打倒徳川の策を授ける。三成は、傲慢とも言われたその性格すらも変えて、表向きには「徳川の犬」と周囲に蔑まれるほど服従し、裏では真田昌幸とともに打倒徳川の策を巡らせる。そして、雌伏すること三年、ついに三成は打倒徳川の兵を起こした。

織豊禅譲誌 - 全1巻 《完結》

著者:宇佐美浩然

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長五年七月二十五日、家康は、上杉征討軍を白河口から侵攻させた。秀忠は、直江兼続の計略に嵌り、敗北する。多大な犠牲を払いながらも、奥州街道、東海道を大返しした徳川軍は、西軍と三方ヶ原の地で激突し、これに勝利する。そして、追撃してくる西軍を、関ヶ原で迎え打つべく、笹尾山に本陣をおく。この関ヶ原決戦を前に、黒田如水が策動する。果たして、西軍の黒幕とは!?

戦国龍虎伝 - 全3巻 《完結》

著者:中里融司

出版:学習研究社 歴史群像新書
太閤秀吉の死後、徳川家康は調略をめぐらし、己の野望を着々と実現へ近づけていった。そして、五大老筆頭となった家康は、いよいよ政権を握るべく対抗勢力の一掃に乗り出す。その筆頭である石田三成は、密かにある人物と連絡を取り、対家康の作戦を練り上げていた。天下分け目の関ヶ原の戦いを、家康が制するかと思えたとき、その男が動いた!大八洲は前代未聞の時代を迎えることになる。

慶長疾風録 - 全3巻 《完結》

著者:伊藤浩士

出版:学習研究社 歴史群像新書
かぶき者と呼ばれる異装を好み、人を食ったような奇矯な行為を繰り返していた前田慶次郎。豊臣秀吉が亡くなり、天下取りへと不穏な動きを見せる徳川家康を危ぶんだ前田利家は、慶次郎を前田家に帰参させ軍の指揮をまかせる。その利家が亡くなり、いよいよ天下取りへの道を強引に進み出した家康を、前田利長を総大将とした石田三成、大谷吉継、直江兼続ら西軍が討伐に乗り出す。

新 真田大戦記 - 全5巻 《完結》

著者:竹中亮

出版:学習研究社 歴史群像新書
関ヶ原の戦いで西軍の敗戦を予見した大谷吉継は、その天才的眼識から真田幸村の素質を見抜き、己が斃れた後、大谷家の軍事の一切を任せ、豊臣家の後事を託したいと遺言状を遺す。一方、かろうじて京大坂を抑えた西軍は大坂城に入り、京の御土居を防壁として徳川軍と対峙する。この時、大津城に急使が訪れ、真田幸村が江戸城を奇襲したという驚愕の報せが家康のもとに知らされた。

覇戦 関ケ原 - 全2巻 《完結》

著者:桐野作人

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長五年九月、東西両軍は美濃の赤坂と大垣の間でにらみ合っていた。二年前に太閤秀吉が没してから、家康はあたかも豊臣政権の執政のごとくに振舞い、いよいよ天下人への野望を露わにした。これに対し、反対勢力の結集に成功した石田三成らがついに挙兵したのだ。その時、家康の東軍も三成率いる西軍も予想だにしなかった第三勢力が現れる!豊臣秀頼を擁した、その大名とは!?

戦国将星伝 - 全3巻 《完結》

著者:吉本健二

出版:学習研究社 歴史群像新書
関ヶ原合戦で敗れた石田三成は、起死回生の秘策をある男に授けた。その男の名は鬼武将・島左近。主命を果たすため、九州へ奔った左近は黒田如水に秘策を伝え賛同を得る。左近の策に乗った黒田如水が、島津との戦闘を続行。そのため、家康は大兵を西海道に差し向けざるを得なくなった。合戦後の政治的空白をついた画策は、家康の勝利を無に帰し、再び乱世を呼び込んだ!

続 関ケ原 - 全4巻 《完結》

著者:村田昌士

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長五年、関ヶ原合戦で敗北を喫っした石田三成は、燃え落ちる佐和山を目に家康への再戦を誓い、大坂城まで落ち延びた。だが既に城内には徳川の調略が張り巡らされていたのだった。大坂毛利の不可解な態度、東北伊達・上杉の動静、上田真田の策動、九州黒田の沈黙、そして三成を助けた男の真意。それぞれの思惑が、三成の復帰をきっかけに大きく動き出す。関ヶ原第二幕、今ここに始まる。

天下三兵法 - 全1巻 《完結》

著者:宇佐美浩然

出版:学習研究社 歴史群像新書
「何事だ!?」家康は狼狽した!慶長五年、三成の挙兵に応じ、奥州街道を南下する家康を、直江兼続が差し向けた刺客が襲った!「夜襲じゃな?」島津義弘が目に星を瞬かせた!島左近は、別働隊を率いて、関ヶ原に怒涛の奇襲を仕掛けようとしていた!「お代は見てのお帰りじゃ!」真田昌幸は、上田城に押し寄せた秀忠の大軍を前に嘯いた!天下簒奪を企てる家康を討伐すべく、『天下三兵法』が起動した。

第三の覇者 - 全4巻 《完結》

著者:神尾秀

出版:学習研究社 歴史群像新書
上杉家軍師にして米沢三十万石を分与される直江兼続は、主君・上杉景勝を天下人とする機を眈々とうかがっていた。豊臣秀吉が他界するや、『三国志』諸葛亮孔明の秘策「天下三分の計」になぞらえ、豊臣でも徳川でもない第三極の成立を画策、乱世を望む真田昌幸と手を結ぶ。佐竹義重に自領・米沢を譲り、さらに前田利長にも接近を図る。この動きを察知した家康は慶長5年、上杉討伐を発動する

覇 関ケ原大戦記 - 全3巻 《完結》

著者:青木基行

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長5年、徳川家康の政治壟断に異を唱え、石田三成は反家康勢力を糾合し、挙兵する。家康は会津討伐の兵を引き揚げ、西方へと軍を向けた。この一大決戦の勃発を、じっと待っていた男がいた。かつて秀吉にその軍才を称賛され、またその軍才ゆえに遠ざけられた、官兵衛こと黒田如水である。如水は私財を投じ兵を集め、上方へのぼり、人生最大の大博打に打って出る。

異戦 関ケ原 - 全7巻 《完結》

著者:中里融司

出版:学習研究社 歴史群像新書
嫡子・秀頼の治世を安泰とするべく、石田三成に100万石の大領を与え、徳川家康を牽制させる布石を打った。家康の野望と秀吉の深謀を覚った三成は謹んでこれを拝領する。秀吉の死を契機に、専横を始める家康。三成は家康打倒を掲げ、兵を挙げる。百万石の威力は、動静を窺う諸侯たちに動揺を走らせ、家康を予想外の布陣に追い込み、未曾有の合戦絵図を関ヶ原の地に出現させた! 

眩 関ケ原 - 全5巻 《完結》

著者:吉本健二

出版:学習研究社 歴史群像新書
深い霧が立ちこめる関ヶ原。徳川家康との決戦を控えた石田三成の前に、に忽然と現われた豊臣秀吉。抜け駆け後、突如戦線からの離脱を計る井伊の赤備え。何故、秀吉は復活したのか?何故、赤備えは動いたのか?秀吉と家康の両雄が激突することになった天下分け目の大戦は、数々の謎に彩られ、諸将の予測を越えた展開を見せ始めた。

関ケ原燃ゆ! - 全6巻 《完結》

著者:久住隈苅

出版:学習研究社 歴史群像新書
「なぜ石田三成は兵を挙げない」―上杉軍を前に、徳川家康は革篭原で焦っていた。やがて開戦し、長期戦に突入する両軍…。ようやく家康のもとへ、三成挙兵の報が届く。急ぎ西上する東軍だったが、そこには予想外の展開が待ち受けていた!岐阜城を死守せんとする島左近、逆に真田昌幸は上田を無血開城してしまう!?今、名将の力を借り、知将・大谷吉継が家康に挑もうとしていた。

織田大戦記 - 全10巻 《完結》

著者:竹中亮

出版:学習研究社 歴史群像新書
天下を二分した関ヶ原の戦いにおいて、東軍が陥落させたはずの岐阜城が、再度奪還されたという報せが家康のもとに入る。しかも、その首謀者は織田信長の孫であるというのだ。織田信衡と名乗るこの男の正体はいったい何者か?そして、信衡と共に勇躍するのは、真田昌幸と軍師・竹中半兵衛である。織田、豊臣、徳川と、天下を三分して、今、新たなる戦国三国志が始まった。

前田風雲録 - 全5巻 《完結》

著者:子竜蛍

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長三年(一五九八)、統一を果たした秀吉が逝った…そして大納言・前田利家も。求心力の弱まる豊臣家を尻目に家康が天下取りに暗躍するが、一方「反家康」の各武将の野心も鎌首をもたげはじめた。秀頼後見役・前田利長を一つの軸に、群雄割拠の時代再来の予感がほとばしる!さらに舞台裏では服部半蔵・柳生新陰流が、そして利家の妻だった芳春院を救う宮本武蔵が勇躍蠢動する。

戦国大乱 - 全23巻 《完結》

著者:津野田幸作

出版:学習研究社 歴史群像新書
秀吉亡き後の天下を虎視眈々と狙っている家康の野望に気づいた秀吉は、これを阻止すべく、黒田官兵衛と共に未曾有の秘計を仕掛ける。それから数ヶ月後、秀吉は病によって急死する。正に百計が開かれる時が訪れたのだ。各地から真田幸村、前田慶次郎、後藤又兵衛、可児才蔵の豪傑達が集められ、豊臣の名のもとに動き始める。そして、知将直江兼続が、革篭原で徳川軍と血で血を洗う激闘を開始する。

戦国覇王伝 - 全10巻 《完結》

著者:中里融司

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長五年、大八洲を二分する大戦が、関ケ原の地で行われようとしていた。奥州藤原氏の後裔を自認する伊達政宗は、いよいよ、天下を賭けて策動を開始し、関東の覇者・徳川家康のまえにたちはだかる。終息に向かいつつあった戦国の世が再び息を吹き返した!

反関ヶ原 - 全5巻 《完結》

著者:工藤章興

出版:学習研究社 歴史群像新書
島左近が模索し、石田三成がはねる。徳川家康を勝者とした歴史に刃を向けここに、新たな関ヶ原が怒涛のうねりをあげた。小早川秀秋はその迷妄から覚めるのか?毛利は、島津は、真田は、長宗我部は。