仮想歴史シミュレーション小説DataBase

シリーズ別一覧

1

明智軍戦記 - 1巻 

著者:神宮寺元

出版:学習研究社 歴史群像新書
本能寺の変後、軍神と化した明智光秀は、山崎で羽柴勢の大軍を迎え撃った。光秀が繰り出す戦略に応え、明智四天王が活き活きと躍動する。光秀の抱く大儀とは果たして何か? そして、圧倒的に有利と思われた羽柴秀吉を追い詰めた光秀の軍略とは如何に!?

真伝 大坂の陣 - 1〜2巻 

著者:伊藤浩士

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長十九年。豊臣と徳川がついに決裂。しかし、父・昌幸の遺命のもと、真田幸村は後藤又兵衛ら各地の牢人たちと繋ぎをつけており、徳川との戦の準備はすでに整っていた。さらに幸村は、豊臣必勝のための、空前絶後の大仕掛けを密かに準備していた。

異説桃山戦記 - 三成死すべし - 1〜2巻 

著者:尾山晴紀

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長三年。豊臣秀吉の遺言の名のもと、石田三成は徳川家康を謀殺し、強大な権力を手に入れた。それから十年。三成の暴政を終わらせるため、ついに豊臣秀頼が起ち上がった。真田幸村、黒田如水、福島正則らとともに、秀頼は独裁者・三成を倒せるのか!?

関ケ原六文銭記 - 1~巻 

著者:神尾秀

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正19年。豊臣秀吉が築いた泰平の世に、野望を失わぬ漢がいた。表裏比興の者と謳われた信濃上田城城主・真田昌幸は、次男・信繁に大坂城内の様子を探らせ、配下の真田忍びを使い、天下を揺るがす策を静かに練っていた。そして天正20年。昌幸は、朝鮮出兵のため肥前・名護屋へ秀吉が向かう隙をついて、無血で大坂城を占拠。織田信長の息子・長次を担ぎ出し、秀吉討伐を天下に宣言した。

時空独眼竜戦記 - 1巻 

著者:仲路さとる

出版:学習研究社 歴史群像新書
豊臣秀吉の大軍が北条氏の小田原城を包囲し、伊達政宗は秀吉に恭順を誓うべく小田原に向かっていた。その途上、怪しげな人物を見つける。現代から戦国時代へとタイムスリップした2人の機動隊隊員であった。現代兵器に驚愕した政宗は、それらを使って、小田原城を囲む豊臣の大軍勢を蹴散らす方策を思いつく。秀吉を倒すべく、北条氏直と手を結び、大博打へと打って出る伊達政宗。

戦国軍師伝 - 1〜3巻 

著者:河丸裕次郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正六年、播磨の上月城に籠もる尼子党を救うために出陣した羽柴秀吉は、急襲した毛利軍に四方を囲まれ、窮地に陥る。秀吉の二人の軍師は、落ち延びるよう説得する小寺(黒田)官兵衛に対し、竹中半兵衛は織田を裏切り、毛利へ降ることを進言した。秀吉はこれを受け入れ、官兵衛とは袂を分かつことにする。敵と味方に別れた両軍師はどう動くのか。

関ケ原群雄伝 - 1~3巻 

著者:智本光隆

出版:学習研究社 歴史群像新書
慶長五年、徳川家康は秀頼の名の下に上杉討伐を命令。これに憤る大谷吉勝は、独断で蟄居中の三成のもとを訪ね、家康を討つための三段構えの策を聞く。しかし一抹の不安を抱いた吉勝は、その足で信濃・上田へと向かった。稀代の謀略家・真田昌幸に策の成功を聞きに行くためであった。大谷吉勝、真田幸村、宇喜多秀家ら、太閤・秀吉の息子たちが、家康の野心から豊臣家を護るために結束する!

異天正記 - 1巻 

著者:深水聡之

出版:学習研究社 歴史群像新書
俺はなぜ総大将になってしまったのだ!―尾張で睨み合う羽柴軍と徳川軍。事態を打開するため、秀吉は奇策「三河中入り」を計画。そして戦経験の乏しい甥の孫七郎(後の豊臣秀次)を総大将に抜擢した。

幸村大軍略記 - 1〜2巻 

著者:百目鬼涼一郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正13年秋。信州上田の雄・真田家は、存亡の岐路に立っていた。当主の真田昌幸が、徳川家康によって謀殺されてしまったのだ。この危機に真田の嫡男・信幸は、あろうことか本領安堵を約束する徳川、北条陣営に降ることを選択する。しかし、信幸の実弟の信繁は、理不尽にも父を殺し、天下への野望を隠さぬ家康へ復讐を果たすべく、「幸村」と名をかえ、単身真田家を出奔するのだった。

安土大乱記 - 1〜2巻 

著者:伊藤浩士

出版:学習研究社 歴史群像新書
他人を信じず、大虐殺を繰り返し、朝廷をも支配する―織田信長は狂気に取り込まれていた。吉田兼和と前田慶次郎は天下に平和をもたらすため信長を討つことを決断する。二人は明智光秀を巻き込み、織田家の分裂を画策。信長を倒す人物として白羽の矢が立ったのは、三木城攻めで城方全員を助命し、信長の大量虐殺の方針に逆らった羽柴秀吉だった。

飛翔 直江兼続伝 - 全1巻 《完結》

著者:岡田成司

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正三年。樋口与六(直江兼続)は、上杉景勝の母・仙桃院より「息子を謙信の後継者にして欲しい」と懇願される。与六は武田家と景勝との縁組を画策し、武田との絆を深める。真田信綱の要請により、長篠の合戦に助太刀として参加した景勝の軍勢は、兼続の機転により徳川軍の奇襲から武田軍を守り、上杉家中の評価を高めた。そして、ついに謙信が信長との対決を決意。

大谷刑部戦記 - 1~4巻 

著者:竹中亮

出版:学習研究社 歴史群像新書
天下分け目の関ヶ原で、天命を受け、大谷吉継が関ヶ原で不死鳥の如く蘇る。天下分け目の関ヶ原で、吉継の知謀が冴え徳川家康を追い詰める。吉継と共鳴した上杉の知将、直江兼続が江戸に未曾有の軍略を仕掛けた。震撼する家康を余所に、無法者の伊達政宗が不気味な蠢動を始める。関ヶ原の戦を逆転すべく、天才軍師大谷吉継が仕掛けた未曾有の百計がいま花開く!

兼続大戦記 - 全1巻 《完結》

著者:工藤章興

出版:学習研究社 歴史群像新書
関が原に敗れた石田三成の無念を抱き、はるばる出羽まで下ってきた左近は、三成の再挙の意思を伝え、上杉家の戦闘継続と徳川家康の誅伐を懇請した。刎頸の友・三成との盟約を守ろうとする兼続は景勝を説き伏せる。景勝・兼続主従は、最上領での戦闘を継続、さらに関東へ侵攻する。武門の誇りを保ち、「義」に生きる漢たちの壮烈な戦いが始まる。

豊臣軍戦記 - 1〜4巻 

著者:津野田幸作

出版:学習研究社 歴史群像新書
関ヶ原の戦に勝利した徳川家康は、秀頼を主君と仰ぐ豊臣家を潰滅すべく、最後の戦いを始めようとしていた。家康の真意を知り、己の過ちに気づいた福島正則は、九度山に蟄居している真田昌幸、幸村を軍師として大坂城に迎えるべく、命を賭けて奔走する。果たして、真田父子は天下分け目の戦に勝利し、家康の野望を打ち砕くことができるのか。

戦国特攻隊 - 全1巻 《完結》

著者:吉本健二

出版:学習研究社 歴史群像新書
昭和20年4月、敗戦を目前にした日本帝国は、「過去を変えて日本を勝利に導く」という発想のもと、海軍陸戦隊に特設されていた通称・S特攻隊を、幕末に送り込む計画を立てたのだ。しかし、作戦発動前に米軍の攻撃に遭い、時間渡航装置の誤作動が起きる。タイムスリップした先は、作戦目的の幕末ではなく、豊臣家が滅びようとする『大阪夏の陣』直前であった。

天正戦国大戦 - 1〜2巻 

著者:河原谷創次郎

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正18年。豊臣秀吉は小田原征伐後、奥州仕置のために陸奥に大軍を向ける。東北の雄・伊達政宗は、小山田川で蒲生氏郷を討ち、秀吉との訣別を宣言し東北を平定する。そして、徳川と密約を交わし、上杉家を説得し、北条氏直により復興した北条家もあわせた東国四大名の同盟を成立させる。東西にわかれた天下の大乱が今始まる!!

戦国の荒鷲 - 島左近戦記 - 全2巻 《完結》

著者:神宮寺元

出版:学習研究社 歴史群像新書
筒井順慶亡き後、筒井家は跡目を巡って内粉が起こる。猛将・島左近は、筒井家の窮地を救うべく、己の忠義をかけて奔走する。その働きを、豊臣秀吉に見込まれ左近は秀長の跡を継ぎ、大和一国を領する大名となった。秀吉の死後、左近は豊臣家を守るために、徳川家康と死闘を繰り広げる。石田三成、直江兼続との強い友情に支えられ、関ヶ原の戦で左近が打ち出した徳川潰滅の秘策とは!?

直江異戦記 - 全2巻 《完結》

著者:久住隈苅

出版:学習研究社 歴史群像新書
天正六年。上杉謙信は次代当主を景虎と定め、同時に上杉・武田・北条の同盟が成立。武田・北条と同時に西進し、織田討伐へと向かうことが決まった。直江家を継いだ樋口兼続は幼少の頃よりの主・景勝と新たなる主・景虎との間で葛藤しつつも、織田討伐への策を巡らす。しかし、謙信が突如倒れ意識不明に陥る。混乱する上杉軍に織田軍の反攻が始まる。危地に立たされた上杉軍を兼続は救えるのか。
1