仮想歴史シミュレーション小説DataBase

信長帝王伝 - 全2巻 《完結》

著者:桐野作人

信長帝王伝 1 - 本能寺逆襲篇

著者:桐野作人

発刊:2000年02月
出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十年六月一日夜、京都・四条坊門西洞院の本能寺―。織田信長は一人の客を密かに引見するや、脱兎の如く本能寺を飛び出して瀬田の唐橋を渡った。翌朝、惟任光秀の大軍が本能寺を囲んだが、すでにもぬけの殻だった。「天下悪逆の織田父子を討ち果たせい」肩透かしを食った光秀は旗幟を安土に向けた。安土に帰った信長は逆臣光秀を討てるのか―。本格歴史シミュレーション。

信長帝王伝 2 - 信長復活篇

著者:桐野作人

発刊:2003年06月
出版:学習研究社 歴史群像新書
安土城に篭る信長に惟任軍は手を焼いていた。そこへ信忠の後詰が着陣。惟任方は次々と敗退した。満を持した信長が自ら城外に出陣。敵味方にどよめきが…。野洲川での決戦に敗れた惟任方は坂本城に逃げ込む。形勢は一転した。筒井順慶も信長にはせ参じ、十倍の寄手に囲まれた坂本城は風前の灯火となった。果たして光秀、秀満らの運命はいかに―。