仮想歴史シミュレーション小説DataBase

戦国繚乱記 - 全3巻 《完結》

著者:河丸裕次郎

戦国繚乱記 1 - 群雄起つ、明智軍を追撃せよ!

著者:河丸裕次郎

発刊:2007年11月
出版:学習研究社 歴史群像新書
明智光秀が織田信長を葬り去り、戦国の勢力図を一夜にして塗り替えた「本能寺の変」の直後、長宗我部信親率いる別働隊は堺に侵入、四国出兵を画策する織田信孝を見事討ち取った。この出来事は、天王山に布陣する羽柴秀吉の戦略を破綻させる。間隙を衝いて怒涛の追撃をかける柴田勝家の軍勢。他方、虎視耽々と計略を巡らす徳川家康。黄金色に輝く安土城を目指す心機一転の織田信雄。

戦国繚乱記 2 - 天下争奪、柴田軍の進攻を阻止せよ!

著者:河丸裕次郎

発刊:2008年02月
出版:学習研究社 歴史群像新書
謀叛人・明智光秀を討ち取った柴田勝家は織田信忠の嫡男・三法師を担ぐことで天下を担うことを画策する。しかし勝家の野望を見抜いた徳川家康は、三法師の身柄をいち早くおさえるとともに、織田の後継の名乗りをあげた織田信雄と組んで勝家に対峙した。一方、羽柴秀吉は、宇喜多の援軍を得て息を吹き返すとともに、織田信孝を破り堺を手にした長宗我部信親に着目する。

戦国繚乱記 3 - 最終血戦、信長の遺志を継承せよ!

著者:河丸裕次郎

発刊:2008年05月
出版:学習研究社 歴史群像新書
明智光秀の謀叛によって織田信長が葬られ、その光秀を討ち取った柴田勝家は、織田の後継となった信雄と対決し、命を落した。一方、羽柴秀吉は、宇喜多、毛利に加え、息子・信親が堺を占拠した長宗我部元親と手を組み、勢いに乗る信雄を降すことを決意する。徳川家康と同盟し、蒲生氏郷の采配で躍進する織田軍と、勢力を拡大した羽柴軍との、天下を賭けた壮絶な戦いがついに幕を開けた!