仮想歴史シミュレーション小説DataBase

覇 戦国志 - 全3巻 《完結》

著者:工藤章興

覇 戦国志 1 - 逆転!小田原の陣

著者:工藤章興

発刊:2008年05月
出版:学習研究社 歴史群像新書
天正十八年、羽柴秀吉は天下人たらんと、偽文書を用いて、秀吉が命じた“私戦禁止令”を北条氏が破るように仕向けた。徳川家康は、その謀略を見抜き、秀吉に対抗すべく、一人の男を軍師に迎える。その名は真田安房守昌幸!家康が、天敵ともいうべき昌幸と手を組み、密かに練った打倒秀吉の策は成功するのか。家康・昌幸対秀吉・如水の東西対決勃発!

覇 戦国志 2 - 如水の鬼謀

著者:工藤章興

発刊:2008年08月
出版:学習研究社 歴史群像新書
小田原城を囲み天下人の座を手にしようとしていた秀吉に対し、真田昌幸が練り上げた軍略により北条と手を結んで謀叛を起こした徳川・織田らの叛乱軍は、豊臣軍を散々に打ち破った。秀吉は岐阜城まで駆け戻り、そこで体勢を立て直して、追撃してきた叛乱軍と木曽川を挟んで対峙する。そこで軍師・黒田如水が採った秘策は敵を必勝の決戦地へ誘き寄せることだった。

覇 戦国志 3 - 策謀の果て

著者:工藤章興

発刊:2008年12月
出版:学習研究社 歴史群像新書
岐阜城、大垣城も落として秀吉軍を遁走させ、勝勢に乗じて霧のなかを、関ヶ原まで追撃してきた徳川家康。しかし、霧が晴れ、眼前に現れた光景は信じられぬものだった。釣り野伏で家康を待ち受けていた秀吉軍。地獄の関ヶ原合戦の帰趨は“あの男”を戦場に呼び寄せる。真田昌幸再見参!!家康を待つのは果たして浄土か天下人の座か?